様々な方法で腸を刺激

サイトマップ

トップバナー

腸を刺激

意識しながら腹筋を

正しい腹式呼吸を覚えて、背筋を伸ばして、腹筋を意識しながら腹筋をしましょう。それから腹筋を鍛えることも便秘解消運動のひとつです。腸が刺激されれば便意が起こりますからそれによって改善につながります。直腸性の人は便意が感じられない症状があるといわれていますが、この体操をして便意が感じられるようになれば回復に直接つながります。

体操はいろいろありますがここでは簡単な物を紹介したいと思います。それだけできっと腸の働きがよくなることにつながるのではないでしょうか。ですから腰をひねったり、体を曲げてみて腸を刺激するように心がけましょう。腸が刺激されると腸のぜん動運動が活発になるために環境もよくなり、ウェストも引き締められると思います。

ポイントはとにかく腸を刺激

ポイントはとにかく腸を刺激することが大切です。これにはある体操が効果的です。今紹介した簡単な運動以外にも、自分でもいろいろと腸を刺激するような動きを考えればもう悩まされることもなくなると思います。

自分のやりやすいように、自分にあった体操を自分で見つけても良いですね。まず、自分でできるところから腸を刺激することが大切です。

朝起きたら腸のマッサージを習慣に

腸の動きや走行に合わせて手で圧迫する方法を紹介します。 腸のぜん動運動が活発になる朝行うのが良いと思いますが、夜寝る前でもよいです。 毎日の習慣にすることが大切です。

ポイントイラストおなかまで深く息を吸い込むように
入浴するイメージ

右側を下にして横になり、右脇腹に枕を当てる。 左手で右脇腹を持ち上げるようにして、1分間腸を刺激する。 枕で上行結腸を押し、手で横行結腸を軽く圧迫するように行う。 今度は左側を下にして左脇腹の下に枕を当てて、右手で左脇腹を持ち上げるように1分間腸を刺激。枕で下行結腸を押し、手でS状結腸を軽く圧迫するように行う。 仰向けになり、両手で下腹部を刺激。両手で1分間、下腹部をさするようにマッサージする。直腸が刺激されて老廃物が排泄されやすくなる。 最後にうつ伏せになり、1分間、ゆっくりと深呼吸する。おなかまで深く息を吸い込むようにすると、直腸がさらに刺激される。

このほか、入浴中に腸を圧迫する方法 もおすすめします。39~40℃のぬるめのお湯につかり、リラックスしながら行う と効果大です。いすやトイレに座り、へそをへこませてお尻を締め、体を左右にひねる(5 秒ずつ静止)のもよい刺激法です。毎日の入浴でできる簡単な解消法ですので、是非一度お試しください。 これだけで相当変わったという方も多くいらっしゃいます。

女性の便秘解消法にヨーグルト