排便しやすい日常生活

サイトマップ

トップバナー

排便をする習慣

朝食を食べない人が増えている

空腹の体に食べ物が入ることで、腸が働き始め、便意を感じます。これが正しい腸の働きで、この状態で生活している人にとっては便秘は無関係だと思います。しかし、最近では朝食を食べない人が増えているといわれています。

たかが朝食を食べなかっただけで・・・と思う人もいるかもしれませんが、朝食を食べなかったことで便秘になる環境を自分で作っているのではないでしょうか。朝食は朝にはじめて食べる食事だと思います。そして仕事先や学校で便意を感じて我慢する人が増えています。

朝食は必ずとって便秘解消

朝食と便秘についてですが朝食をきちんと毎日食べるというのはとても効果があるといわれています。そうなると便意を感じても我慢することが多いと発症してしまいます。そうなってしまうと出るものも出ないまま仕事や学校へ行くことになってさらにになりやすいですよね。

朝食をきちんと毎朝食べて、朝食の後に、15分から30分くらいしてからトイレにいって、便意がなくてもトイレに座って排便をする習慣をつけるようにすれば便秘知らずになると思います。朝食は必ずとって便秘解消、予防に努めましょう。朝食を食べないということは腸が働かないまま一日のスタートをさせるわけです。

慢性化

刺激が慢性化するといけませんので適度にとるとよいです。一度便秘になると治療に時間ががかかりますので、日頃から予防する必要が有ります。また食事も食物繊維が豊富な、キノコや海藻類を食べると便の量がふえ、良い柔らかさになりますし、乳酸菌を含む物を食べると腸内環境が整えられ、便を排出しやすくなりますので摂取したい物ですよね。これが原因にもなりますので腸の動きを活発化させるためにに、水分もとりましょう。

水分が不足してしまうと便から水分をとってしてしま、便が硬くなり、動かなくなってしまいます。そのせいで便も出やすい状態にしてくれるのです。朝食を抜くと健康にも良くないとのは、朝食を食べる事で眠っていた腸が刺激されて動きだします。

ポイントイラスト香辛料や酢は腸に刺激がある
お酢イメージ

最初は3食ちゃんとと食べましょう。また香辛料や酢は腸に刺激があるので腸の蠕動運動をうながしてくれます。便意の助けにもなります。そして水分もしっかり接種すると予防に繋がります。

どんな風に予防したらいいのかと言うと、原則的には規則正しい生活をする事です。 これは胃腸の動きを弱くする理由に便秘になってしまう可能性を引き上げるので、ダイエットをする時は食事 量ではなく、身体を動かす方法が良いです。女性で特に気を付けるポイントは食事を減らして行うダイエットです ね。食事量を減らしてしまうのですから、当然胃腸に必要な栄養が不足し、便秘につながってしまうのです。

女性の便秘解消法にヨーグルト