配慮しながら効果的な食事療法

サイトマップ

トップバナー

食事に配慮

偏食を避けましょう

朝食後に便意をもよおすのは当たり前のことです。腸の働きが鈍る要因になってしまうケースもあります。また、その他にも運動と水分補給を適度に行って事も重要です。当たり前のことですが、偏食を避けましょう。特に朝食の多くの人が言うように重要です。食物繊維も様々な所で言及されているように、不足していることがケースが多いようです。

現代人の食生活は、それらを満足させていないことが多いです。食物繊維を接種することで、便秘は解消されると考えて大丈夫です。食事をしっかり考えることで緩和させることもできてしまうのです。食物繊維が豊富に入っている野菜や果物、海藻類をできるだけ食べるようにしましょう。できれば朝、昼、晩の食事もしっかりとるようにするとよいです。それでは、効果的な食事を考えてみましょう。

規則正しい食事のリズム

自分で意識して食物繊維を摂るようにしましょう。朝食後、胃に食べ物が入ると、胃から大腸へ信号が送られるようになっています。また、食事に食物繊維を取りこむことが大事です。食事で努力する必要性を認識しましょう。大腸がしっかりと動き始めるのです。それが便意につながり改善の道へとつながるのです。

腸の働きが悪いと便秘になってしまいます。これが大腸の運動を促してくれます。腸は食べた物を分解する臓器なので、食事は密接に関係しているのです。適当にメニューを決めては不足してしまいます。また、規則正しい食事のリズムにも心がけ、ビタミンやミネラルなどの栄養素が不足ないようにしましょう。

繊維質を含む食品

大腸壁を刺激して大蠕動を起こさせ便通を正常にするためには、毎日18~20gくらいの食物繊維質をとることが望ましいです。食物中の繊維は、人間の体内で消化されることがほとんどありません。また繊維は、水を含む性質が大変強いので消化管の中で水分を吸収してふくらみ、腸の蠕動を促進させてくれます。

ポイントイラスト冷たい牛乳を飲むなどして便通を起こさせる
牛乳

繊維質を多く含む食品は、野菜類、果実類、いも類、穀類、海そう類などです。食物繊維と呼んでいるのは、植物細胞の壁をつくるセルロースなどの物質の総称だったりします。また、食品成分表にはありませんがジャムを固めるペクチンや、こんにゃくに含まれるマンナンなども繊維の一種と考えられます。 また規則正しい便通のために朝食を多めにとって大腸の運動を促したり、食事のときに冷たい牛乳を飲むなどして便通を起 こさせるなどの工夫があると効果的です。ヨーグルトも大事ですが、それ以外にも食物繊維をたくさんとったり、規則正しい生活をしたり、 と便通を促す行動が必要になります。食生活の中で多く繊維質を含んでいる物をしっかりとりましょう。すぐには効果はなくてもじっくりと時間を かけて体質改善してくれますよ。

女性の便秘解消法にヨーグルト